乳ガン

女性特有の病気、婦人病。「女性の悩みと婦人病」では乳ガン(乳癌)について症状や診断方法、治療法などについて説明しています。悩みや不安を持つ女性の方の参考になればうれしいです。
Hola Bonita! > 婦人病 トップ > 乳がん
子宮筋腫 子宮内膜症 子宮ガン 乳ガン リンク集 女性の保険

乳ガンについて

女性に多いガンと言えば乳癌。発見のほとんどは自己検診による"しこり"です。普段から自己チェックして早期発見できるようにしましょう。

乳ガン 〜どんな病気?

女性のガンの代名詞のような乳がん。その発症者は、30代以降増え、40代後半から50歳前後が最も多いと言われています。

乳ガンの原因
遺伝・・・乳ガンになった血縁者がいる場合は発症率が高まります。
女性ホルモンの影響・・・妊娠/出産経験のない女性は女性ホルモンの1つエストロゲンの影響を受けやすくなりやすい。高齢出産の女性もエストロゲンは若い頃に分泌がさかんなので早くに妊娠/出産を経験した女性に比べなりやすいです。また、初経が早く閉経が遅い場合も月経期間が長いためエストロゲンの作用を受ける期間が長くなり、なりやすいと言われています。
食生活・・・動物性脂肪摂取量の増加。肥満も乳がんの一因と考えられています。

乳ガン 〜どんな症状?

乳がんの最もわかりやすい症状は触診したときの"しこり"です。乳房に硬くてでこぼこしたしこりができたり、乳房や乳頭の変形、くぼみやひきつれ(えくぼ現象)などが見られるようになります。また、乳頭から異常分泌があったり、乳頭部の湿疹やただれも見られます。進行してもその他の自覚症状はありません。

良性腫瘍・・・さほど硬くなく、ゴムのよう。指でぐりぐり押すと動く
悪性腫瘍・・・石、鉄板のように硬い。指で押しても動かない

乳ガン 検診 〜どんな健診をするの?

乳ガンの発見の多くは自己検診です。しかも"しこり"の発見です。

自己検診
は生理前は乳房がはるので、生理後2〜3日目くらいがいいでしょう。触診方法は人差し指から小指までの4本の指の指腹で乳房全体を触っていきます。また鏡の前で両腕を上下させて乳房の動きや形の変化を観察します。乳房のふくらみや形、大きさ、くぼみ、ひきつれなどを見ます。

医師による診断
問診・・・質問に答えていく
指診・・上半身裸になり、座った状態で腕を上げ下げしたりて、乳房のひきつれやへこみなどを観察する。
触診・・・診察台に横になり、手のひら全体や指腹で乳房に触れる。またリンパ節転移などの異常を調べるため、座った状態でも両側のわきの下や頸部のリンパ節を調べる。
マンモグラフィー・・・乳房のX線検査
乳管内視鏡検査・・・最近の方法で乳頭から非常に細い内視鏡を挿入し乳管の状態を調べる。
超音波・・・痛みが少なく、正診率も高い検査。乳房の表面から超音波を当てて反射波を測定する。婦人科検診で乳がん超音波検診初体験しました
MRI・・・磁気共鳴診断装置で断面を見る。拡がりなども確認可能。
細胞診・・・顕微鏡で異常細胞かどうか調べる。

乳ガン 〜治療法

最近では乳房は残して患部とその周辺だけを取り除く乳房温存療法が約40%くらいまで増えています。

外科療法
乳房切除手術
乳房温存手術
補助療法
化学療法
内分泌療法
放射線療法

ピンクリボン

知ってますか?ピンクリボン
ピンクリボンは、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを訴えるシンボルマークです。 ピンクリボン運動は1991年アメリカで始まりました。乳がんを早期発見し乳がんで亡くなる方を一人でも減らそう、また乳がんになってしまった女性たちがこの病気を乗り越え克服できるようサポートしようという願いがこめられています。乳がんはごく早期に発見されれば95%が治癒するといわれています。日本ではNPO法人乳房健康研究会が中心となって活動していますので、あなたの胸にもぜひピンクリボンを抱いて、少しでも乳がんを減らしましょう。
参考
YAHOOピンクリボンキャンペーン2010
日本乳がん ピンクリボン運動
みなさんのご意見・ご感想お待ちしています。
info@ezayan.net
Copyright(c)2002 eza All rights reserved.

乳がん ページTOPへ