子宮ガン

女性特有の病気、婦人病。このページでは子宮ガンについて症状や診断方法、治療法などについて説明しています。悩みや不安を持つ女性の方の参考になればうれしいです。
Hola Bonita! > 婦人病トップへ
子宮筋腫 子宮内膜症 子宮ガン 乳ガン リンク集 女性の保険

子宮ガンについて

ほとんど無症状のため発見が難しい子宮ガン。しかし治癒率は高いと言われるので定期的な健診をちゃんと受けて早期発見できるようにしましょう。

子宮ガン 〜どんな病気?

子宮ガンというと"子宮頚ガン"と"子宮体ガン"の2つを意味します。
子宮頚ガン・・・子宮頚部にできるがんです。子宮頚部は子宮の下3分の1ぐらいの子宮出口付近です。原因は性交渉などによるウイルス感染と言われています。
子宮体ガン・・・子宮の奥の方の子宮内膜という組織にできるガンです。ホルモンによる影響や体質などの要因が大きいと言われています。

最近は一時期激減した子宮頸ガンが若い女性の間で増えているようです。また、子宮体ガンのほうも増加の一途をたどっています。これは出産経験がないことによる女性ホルモンとの関係が疑われています。

子宮ガン 〜どんな症状?

初期は無症状です。進行すれば出血や腰痛、血尿なども見られるようですが、なるべく定期的に健診を受けたほうがいいようです。

健診の目安は・・・
子宮頸ガン検診・・・性交渉をするようになったら
子宮体ガン検診・・・閉経前後

子宮ガン検診 〜どんな健診をするの?

大きい病院に行かなくても地域にある普通の産婦人科で健診できます。そこで細胞診という検査をして、細胞に異常がないか調べます。異常が見つかったときは精密検査-拡大鏡検査で患部を観察したり組織検査などをすることになります。

子宮頚ガン・・・子宮膣部の上皮と子宮頚管内皮との境界面の細胞を綿棒などでぬぐい取ります。痛みは通常はありませんが、膣鏡を入れた時に痛みを感じる人もいます。検査後出血があることもありますが心配ありません。
子宮体ガン・・・子宮腔内まで器具を入れて細胞をとります。閉経後であれば痛みがあります。こちらも検査後出血することがありますが、6日以上続く出血は異常の疑いがあるので診てもらったほうがいいです。

みなさんのご意見・ご感想お待ちしています。
info@ezayan.net
Copyright(c)2002 eza All rights reserved.